統合失調症

原因不明の異器質性精神疾患であり、一般には思春期や青年期に発病し、慢性の経過をたどることが多い。精神症状は、幻覚や妄想が現れたり、急性期には錯乱状態や混迷状態が見られたり、慢性期には、意欲低下、情動鈍麻、思考貧困、自閉などが見られます。

統合失調症には下記のような症状があります。

(ア) 連合障害(認知障害)
(イ) 自閉(自生思考等)
(ウ) 精神病状態(幻覚妄想)

(ア) 陽性症状

① 思考の障害
② 思考過程の障害
③ 思考内容の障害(妄想)
④ 知覚の障害と代表的な表出
⑤ 自我意識の障害
⑥ 意志・欲望の障害

(イ) 陰性症状

① 感情の障害
② 思考の障害
③ 意志・欲望の障害

(ウ) その他の症状

① 認知機能障害
② 感情の障害
③ パニック発作
④ 連合弛緩
⑤ 両価性
⑥ 独言・独笑


障害年金無料相談 073-435-4825 受付時間 平日 8:30-18:00(土日祝日は除く)

精神疾患で障害年金をもらう為に

  • 精神疾患での障害年金について 詳しくはこちら
  • 精神疾患で受け取れる障害年金額は? 詳しくはこちら
  • 障害年金の申請手続と注意点は? 詳しくはこちら

このような方はお気軽にお問い合わせください メンタル系の受給事例 (うつ病・統合失調症・発達障害・アスペルガー躁うつ病・知的障害・双極性障害・てんかん)

  • 統合失調症についての事例はこちら
  • うつ病についての事例はこちら
  • 双極性障害(躁うつ病)についての事例はこちら
  • 発達障害(自閉症・アスペルガー等)についての事例はこちら
  • 知的障害についての事例はこちら
  • てんかんについての事例はこちら
  • 高次脳機能障害についての事例はこちら
  • 認知症(アルツハイマー等)についての事例はこちら