睡眠障害

睡眠が不足するのが不眠症、過剰となるのが、過眠症である、睡眠のリズムが乱れるのが、概日リズム睡眠障害、睡眠中に異常行動が出現するのが、睡眠時随伴症です。

例えば、夜勤の多い交代勤務をするようになってから、昼間の眠気が強く夜は眠れない場合、睡眠・覚醒リズムが乱れている点は、概日リズム障害、昼間の眠気は過眠症、夜間の寝不足は不眠症とみなすことが出来る。

睡眠障害には下記のような症状があります。

(ア)睡眠異常

①不眠症
②ナルコレプシー
③睡眠時無呼吸症候群
④ 睡眠相後退症候群

(イ)睡眠時随伴症

①夜驚症
②夜尿症
③睡眠麻痺
④周期性四肢運動
⑤ 睡眠関連摂食障害

(ウ)内科・精神科的睡眠障害

①身体疾患
②精神病
③不安障害
④うつ病などに伴う不眠や過眠


障害年金無料相談 073-435-4825 受付時間 平日 8:30-18:00(土日祝日は除く)

精神疾患で障害年金をもらう為に

  • 精神疾患での障害年金について 詳しくはこちら
  • 精神疾患で受け取れる障害年金額は? 詳しくはこちら
  • 障害年金の申請手続と注意点は? 詳しくはこちら

このような方はお気軽にお問い合わせください メンタル系の受給事例 (うつ病・統合失調症・発達障害・アスペルガー躁うつ病・知的障害・双極性障害・てんかん)

  • 統合失調症についての事例はこちら
  • うつ病についての事例はこちら
  • 双極性障害(躁うつ病)についての事例はこちら
  • 発達障害(自閉症・アスペルガー等)についての事例はこちら
  • 知的障害についての事例はこちら
  • てんかんについての事例はこちら
  • 高次脳機能障害についての事例はこちら
  • 認知症(アルツハイマー等)についての事例はこちら