申請はお早めに

請求の申請を手続きするところから受給・不支給の決定までに長期間を要する

障害年金の申請を手続きするとしても、とても長い時間がかかります。

最初に、障害状態になった経過をまとめます。そこで初診日を明確にして、年金記録を調べ、加入していた年金制度と保険料の納付基準を満たしていることを確 認します。そのうえで、障害認定日確定させ、その日以降であれば、診断書の作成を医師に依頼します。
ここまでで、2週間くらいの期間が必要です。

初診日から長期間経っていると、初診日の確認にも多くの時間が必要になりますし、その後の治療経過もまとめることが大変です。2~3ヶ月位必要なことも 多々あります。

医師の診断書の作成にも時間をとっておく必要があります。
通常は最低でも2週間は待つ必要があります。
医師によっては年単位で待たなければならないようなこともあります。
診断書の作成をお願いするときには、事前にその旨を伝え、医師の予定も聞いておくことも大切です。

すべての書類が整い、年金請求書を提出してもその後3ヶ月以上は覚悟しておく必要があります。
障害基礎年金を請求の場合は各都道府県内で審査しますが、2~3ヶ月程度必要です。

初診日が厚生年金保険に加入中で障害厚生年金を請求する場合はさらに時間がかかるため、 現在の状況で4~5ヶ月以上の期間をかけて請求することになります。

診断書の内容確認や申立書の記入には、専門的な知識も必要です。
まずはお問合せをお願いいたします。


障害年金無料相談 073-435-4825 受付時間 平日 8:30-18:00(土日祝日は除く)

精神疾患で障害年金をもらう為に

  • 精神疾患での障害年金について 詳しくはこちら
  • 精神疾患で受け取れる障害年金額は? 詳しくはこちら
  • 障害年金の申請手続と注意点は? 詳しくはこちら

このような方はお気軽にお問い合わせください メンタル系の受給事例 (うつ病・統合失調症・発達障害・アスペルガー躁うつ病・知的障害・双極性障害・てんかん)

  • 統合失調症についての事例はこちら
  • うつ病についての事例はこちら
  • 双極性障害(躁うつ病)についての事例はこちら
  • 発達障害(自閉症・アスペルガー等)についての事例はこちら
  • 知的障害についての事例はこちら
  • てんかんについての事例はこちら
  • 高次脳機能障害についての事例はこちら
  • 認知症(アルツハイマー等)についての事例はこちら