事前に受け取れるかは判断が難しい

事前に受給の可否を判断することができない

最も多くの受給者がいる公的年金は老齢年金です。老齢年金は加入期間が25年以上で保険料をきちんと納めていれば、65歳から老齢基礎年金が受給できます。
65歳到達日以降に、書類を整えて請求すれば、年金の受給はほぼ確実になります。

障害年金は、年金加入要件、保険料納付要件と障害の程度要件の3つの要件を満たしているとしても、必ずしも障害年金が受給できるとは限りません。

特に障害の程度については、日本年金機構が判断し、事前には誰も分かりません。
さらに精神障害の認定基準・要領は抽象的に記述されている為に、請求の内容がどの程度の等級に該当するかを他の障害以上に客観的に判断することが難しくなっています。

逆に言えば、どのような請求をすれば良いのかわからないということです。
そのため、障害認定基準・要領を熟知し、その上で障害の状態を的確に医師に伝え、診断書に反映してもらうことが重要になってくるのです。

経験豊富な専門家に事前に問い合わせれば、受給にの可否に関するアドバイスも可能です。
まずは、お問合せをお願いします。


障害年金無料相談 073-435-4825 受付時間 平日 8:30-18:00(土日祝日は除く)

精神疾患で障害年金をもらう為に

  • 精神疾患での障害年金について 詳しくはこちら
  • 精神疾患で受け取れる障害年金額は? 詳しくはこちら
  • 障害年金の申請手続と注意点は? 詳しくはこちら

このような方はお気軽にお問い合わせください メンタル系の受給事例 (うつ病・統合失調症・発達障害・アスペルガー躁うつ病・知的障害・双極性障害・てんかん)

  • 統合失調症についての事例はこちら
  • うつ病についての事例はこちら
  • 双極性障害(躁うつ病)についての事例はこちら
  • 発達障害(自閉症・アスペルガー等)についての事例はこちら
  • 知的障害についての事例はこちら
  • てんかんについての事例はこちら
  • 高次脳機能障害についての事例はこちら
  • 認知症(アルツハイマー等)についての事例はこちら