認定要領はすぐに変更される

障害認定基準・認定要領が多様なうえに、あいまいな内容も多く存在する

障害認定基準・認定要領とは、障害の程度と等級を規定する厚生労働省の通達になります。
ここに記された規準や例示に則って障害の等級を決定しています。
障害年金を請求する人のほとんどがこの存在すら知らずに請求手続きをしています。

障害年金の等級がどのように定められているのかほとんど分からないままにただ手続きだけを進めて、結果として「国民年金法施行令別表に定める程度に該当しないため」とする支給拒否の通知を手にしてから驚くことが多いのです。

障害認定基準では、障害の種類を18種類に区分したものと、さらにそれらが重複した障害の19種類に分けて障害の基準を定めています。

精神の障害についての認定基準・認定要領の特徴は、日常生活状態について重要視し、あいまいな内容になっていることです。
このために、診断書の様式に頼っている部分が多く、障害認定基準・認定要領の様式を付き合わせてどのような基準で認定されるかを読み取る必要があります。

認定基準や認定要領は難しいケースが多く、頻繁に更新される為、障害年金の専門家にご相談下さい。


障害年金無料相談 073-435-4825 受付時間 平日 8:30-18:00(土日祝日は除く)

精神疾患で障害年金をもらう為に

  • 精神疾患での障害年金について 詳しくはこちら
  • 精神疾患で受け取れる障害年金額は? 詳しくはこちら
  • 障害年金の申請手続と注意点は? 詳しくはこちら

このような方はお気軽にお問い合わせください メンタル系の受給事例 (うつ病・統合失調症・発達障害・アスペルガー躁うつ病・知的障害・双極性障害・てんかん)

  • 統合失調症についての事例はこちら
  • うつ病についての事例はこちら
  • 双極性障害(躁うつ病)についての事例はこちら
  • 発達障害(自閉症・アスペルガー等)についての事例はこちら
  • 知的障害についての事例はこちら
  • てんかんについての事例はこちら
  • 高次脳機能障害についての事例はこちら
  • 認知症(アルツハイマー等)についての事例はこちら