実際は手続きは簡単

年金制度加入や保険料納付や障害の程度の要件、請求方法など手続きが複雑難解

障害年金の受給のためには「3つの要件」が必要になります。
1つ日は、障害の原因となった傷病の初診日に年金制度に加入していたこと。
2つ日は、初診日の前日において初診日の月の前々月までの保険料が一定以上納められていること。
3つ目が、初診日から原則として1年6カ月を経過した日である障害認定日以降に一定以上の障害状態であることです。

障害年金には、3つの請求方法があります。
1つ日は「障害認定日請求」、2つ目は「事後重症請求」、3つ目は「初めて2級の請求」となっております。

請求は難しいケースが多く、障害年金の専門家にご相談下さい。


障害年金無料相談 073-435-4825 受付時間 平日 8:30-18:00(土日祝日は除く)

精神疾患で障害年金をもらう為に

  • 精神疾患での障害年金について 詳しくはこちら
  • 精神疾患で受け取れる障害年金額は? 詳しくはこちら
  • 障害年金の申請手続と注意点は? 詳しくはこちら

このような方はお気軽にお問い合わせください メンタル系の受給事例 (うつ病・統合失調症・発達障害・アスペルガー躁うつ病・知的障害・双極性障害・てんかん)

  • 統合失調症についての事例はこちら
  • うつ病についての事例はこちら
  • 双極性障害(躁うつ病)についての事例はこちら
  • 発達障害(自閉症・アスペルガー等)についての事例はこちら
  • 知的障害についての事例はこちら
  • てんかんについての事例はこちら
  • 高次脳機能障害についての事例はこちら
  • 認知症(アルツハイマー等)についての事例はこちら