困難でも諦めないで

年金請求者自身が障害者ということもあり、請求手続きも困難なことが多い

うつ病の患者の場合には、気分も沈みがちで、何かを行動しようとする意欲が無くなります。たとえ障害年金を受給できると知ったとしても自分では何もできず、やむを得ず家族などの支援者が障害年金の請求手続きを行うことになります。

また、患者が自分自身で障害年金の請求を試みる場合もあります。 例えば、双極性感情障害の方で躁状態の場合、なんでも自分ができるように思い、手続きを始めるのですが、途中で鬱状態になってしまい、結局受給に繋がらない場合も多くあります。


障害年金無料相談 073-435-4825 受付時間 平日 8:30-18:00(土日祝日は除く)

精神疾患で障害年金をもらう為に

  • 精神疾患での障害年金について 詳しくはこちら
  • 精神疾患で受け取れる障害年金額は? 詳しくはこちら
  • 障害年金の申請手続と注意点は? 詳しくはこちら

このような方はお気軽にお問い合わせください メンタル系の受給事例 (うつ病・統合失調症・発達障害・アスペルガー躁うつ病・知的障害・双極性障害・てんかん)

  • 統合失調症についての事例はこちら
  • うつ病についての事例はこちら
  • 双極性障害(躁うつ病)についての事例はこちら
  • 発達障害(自閉症・アスペルガー等)についての事例はこちら
  • 知的障害についての事例はこちら
  • てんかんについての事例はこちら
  • 高次脳機能障害についての事例はこちら
  • 認知症(アルツハイマー等)についての事例はこちら