手続きが簡単

障害年金の認知度が低く、制度自体を知らない人がほとんどである

公的年金といえば、「老齢年金」と考える人がほとんどです。障害年金の存在を知らないという人が大半を占めています。

障害年金を知るきっかけというのは、実際に障害を負ってしまい、何か支援してもらえるのではないかと調べ回り、そして障害年金にたどり着く方が多いのです。

受給可能な条件が整っているにもかかわらず、障害年金を請求しない人が数多くいます。 また、保険料を期間内に納めていないと、保険料納付要件を満たさないために、当該傷病での障害年金は生涯にわたって受給できないのです。


障害年金無料相談 073-435-4825 受付時間 平日 8:30-18:00(土日祝日は除く)

精神疾患で障害年金をもらう為に

  • 精神疾患での障害年金について 詳しくはこちら
  • 精神疾患で受け取れる障害年金額は? 詳しくはこちら
  • 障害年金の申請手続と注意点は? 詳しくはこちら

このような方はお気軽にお問い合わせください メンタル系の受給事例 (うつ病・統合失調症・発達障害・アスペルガー躁うつ病・知的障害・双極性障害・てんかん)

  • 統合失調症についての事例はこちら
  • うつ病についての事例はこちら
  • 双極性障害(躁うつ病)についての事例はこちら
  • 発達障害(自閉症・アスペルガー等)についての事例はこちら
  • 知的障害についての事例はこちら
  • てんかんについての事例はこちら
  • 高次脳機能障害についての事例はこちら
  • 認知症(アルツハイマー等)についての事例はこちら