うつ病で障害基礎年金2級が認定されたケース

1 相談に来られた時の状況

5年ほど前から人間関係のトラブル等により情緒不安定状態になっていました頭痛、睡眠障害、抑うつ気分、不安感、涙が出て止まらない、情緒不安定等の症状が顕著になりました。自傷行為、大量服薬も経験しました。精神療法、薬物療法を継続するも改善されず、現在に至ります。

2 田中社労士による見解

典型的なうつ病の症状を呈しており、症状も重いことから障害基礎年金2級の可能性が高いと判断しました。

3 受任してから申請までにやったこと

初診日証明、診断書作成のサポート

初診日証明と診断書について、医師との連携が必要だと判断し、本人の了解を得て医師との連絡を取りながら、作成を進めていきました。

申立書作成上のサポート

体調の良い時にご自宅に伺いお話をお聞きし、ご本人の訴えたいことを聞き取って申立書に落としていきました。

4.結果

ご本人のご協力もあって、2カ月程度の期間で障害基礎年金2級の認定決定通知書が届きました。遡りの障害認定日請求が認められて合計240万円を受給することができました。ご本人も大変喜んでおられました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談 073-435-4825 受付時間 平日 8:30-18:00(土日祝日は除く)

精神疾患で障害年金をもらう為に

  • 精神疾患での障害年金について 詳しくはこちら
  • 精神疾患で受け取れる障害年金額は? 詳しくはこちら
  • 障害年金の申請手続と注意点は? 詳しくはこちら

このような方はお気軽にお問い合わせください メンタル系の受給事例 (うつ病・統合失調症・発達障害・アスペルガー躁うつ病・知的障害・双極性障害・てんかん)

  • 統合失調症についての事例はこちら
  • うつ病についての事例はこちら
  • 双極性障害(躁うつ病)についての事例はこちら
  • 発達障害(自閉症・アスペルガー等)についての事例はこちら
  • 知的障害についての事例はこちら
  • てんかんについての事例はこちら
  • 高次脳機能障害についての事例はこちら
  • 認知症(アルツハイマー等)についての事例はこちら